025-271-1016新潟市東区はなみずき2-3-7

お問合せ

MENU

採用情報

先輩インタビュー

 

ほがらか福祉園 支援員 長沢 瑞穂 2012年入職

たくさんの笑顔や達成感をみんなで共有できるのが、
福祉の仕事の魅力です。

芦沼会で働くきっかけ

 大きなきっかけとなったのは、大学時代に在籍していたボランティアサークルの活動。障がいを持つ多くの方々と接する機会を通して、障がい者福祉の重要性を感じ、この仕事に興味を持ちました。
 就職活動をする中、当法人の長い歴史と幅広い事業展開に魅力を感じて入職を志望。大変なところももちろんありますが、実にやりがいのある仕事だと実感しています。

仕事のやりがい

  人と関わる仕事なので、難しいところはいろいろあります。でもその分、利用者様とともに一つの製品をつくり上げたりと、一緒に何かをやり遂げたときの喜びはとても大きいです。様々な経験を通して毎日新しい発見があるところ、たくさんの感情や達成感をみんなで共有できるところに、この仕事のやりがいを感じます。私たち支援員は、利用者様の笑顔からたくさんの元気をいただいています。
 障がいと一口に言っても、その特性は一人ひとり異なります。それを踏まえて個々に必要な支援を考え、少しでも良い方へと向かったとき、そして利用者様が楽しそうに笑っている姿を見るときが、最もうれしい瞬間です。

今後の目標

 先輩職員のように、利用者様やそのご家族に信頼される支援員を目指しています。そのために必要なのは、現状の自分に満足せず、常に知識や技術の向上に努めること。周りの先輩からの助言や研修なども有効に活用し、着実にスキルアップしていきたいと考えています。またいずれは、社会福祉士の資格を取得するのも目標の一つです。
 世の中には、障がい者に対する差別や偏見がまだまだあります。それをなくすには、まず知ってもらうことが大切です。障がいを持つ方々と地域の人々との架け橋になるのが私たち職員の役割だと考え、それを全うできるよう頑張りたいと思っています。

芦沼会に興味がある人へメッセージ

 当法人の魅力は、障がい分野から高齢分野まで幅広く事業を展開しているところです。障がい分野においては、新たにグループホームがスタートするなど、ここ数年でさらなる広がりを見せており、将来性も感じられると思います。また歴史も深く、蓄積された技術やノウハウは多大。多くの学びがある好環境で、心強い先輩方からのサポートを受けながらのびのびと成長できますよ。福祉に興味がある方、福祉の仕事を目指している方には、ぜひ興味を持ってほしいと思っています。

支援員の1日

例)ほがらか福祉園 日勤業務

8:30 利用者様の受け入れ
9:00 ミーティング
9:30 作業・活動の支援
12:00 休憩
13:00 作業・活動の支援
14:40 連絡帳記入、降園準備
15:10 利用者様の送り出し、園内清掃、翌日の準備
16:00 ミーティング
16:30 事務作業
17:20 終業